​不妊症

赤ちゃんが欲しいのに来てくれない

それはとても辛いことです。
自分がダメなのではと存在価値を疑ってしまったり、周りの声に敏感になってしまったり
沢山自分と向き合うことになったかと思います。

そしてはっきりここを治せば妊娠するとわかるものでもありません。

そんなよくわからない道のりを進む時に、寄り添い、一緒に歩んでいける場所でありたいと望んでいます。

治療を精一杯させていただくのはもちろん、どんなことでも話せる場所、ほっとできる場所に。


メインの治療は
1.健康的な生理になるために必要なこと
2.温かい身体を作る
3.AGE の除去

となります。
初めは1週間に一回ほど来院していただくのがお勧めです。

また旦那様と一緒に来院されるのもお勧めしています。

その他に生活指導もしていきます。

なにか不安なことがありましたら遠慮なくおっしゃってください。

​女性不妊

JHB法というホルモンバランスを整える施術を行い妊娠しやすいからだ作りをします。
・お腹や背中のツボを押さえて痛みのある所を探します。
・別のツボに触れながら痛かった所をもう一度押します。
・痛みが緩和するのでこれを繰り返し行
います。ホルモンバランスが整い妊娠しやすいからだへと変化していきます。
JHBの施術だけではなく温活、首や頭の施術も行います。

次の3つを施術で改善していきます。

1.健康な生理になる

イライラな痛み、不安感といった症状がない
周期が順調で乱れていない
量、質とともに適正である

1つでも当てはまらないのであれば健康な生理ではないと考えます。

2.温活

日本人の平熱は36.5〜36.7度です。子どもは少し高めの37度です。 しかし最近では36度以下の人も増えています。 平熱を上げることで免疫力も上がりホルモンバランスも整ってきます。 妊娠しやすいからだ作りをするために温活は大切なことです。

3.AGEの除去

AGE(Advanced Glycation End Products)=終末糖化産物

タンパク質と糖が過熱されてできた物質で老化の原因になる毒のようなものです。AGEは体内でも作られますが、食べることによって溜まるAGEをいかに減らすのかが重要になります。不妊症や生理痛の治療をしている先生方が食事指導をされているのはこの為です。
タンパク質と糖の摂取には注意しましょう。

 

​男性不妊

最近では不妊の原因の半分は男性にあると言われています。ストレスや過度の飲酒、運動不足、喫煙、肥満、ED、精巣の機能障害などで精子の質が低下することが原因です。

当院で出来ることはホルモンバランスを整える、男性力を高める、頭や首の施術、ストレスの緩和です。
そして男性が妊活をする上で一番大切なのは回数を増やすことです。 回数を増やすためにも男性力を上げなくてはなりません。ここの改善に力を入れて施術をさせていただきます。

自宅で出来る男性力アップ方法
男性力をアップさせるには筋トレ、睡眠、ストレス軽減、食事が大切になります。
筋トレで骨盤底筋(PC筋 Pubo Coccygeus)を鍛えれられるスクワットがオススメです。また、肛門に力を入れると肛門括約筋を鍛えられます。この2つを続けてやってもらうだけでも男性力アップの効果があります。
肛門に力を入れるのは5秒×10回を1セット、1日10セットやってみてください。電車の中でも、仕事中でも、お風呂の中でも出来るトレーニングです。頻尿や尿漏れ改善の効果もあるので高齢の方にもオススメしています。

オススメの黒い食べ物
東洋医学で腎は精を蔵し、生命力の根源である原気をもたらすとあります。両親から受け継いだもの(先天の精)は腎に内蔵されています。足りなくなると飲食物(後天の精)で補います。この精を腎によって活性化されたものが元気と言われています。
生殖機能に関わる大事なもので、腎の気が衰えると老化が進み不妊へとつながります。

腎の気を高める時には黒いものを食べます。
黒ゴマ、黒豆、ひじき、海藻類、ごぼう等

またテストステロン(男性ホルモン)を増加させる食べ物もあります。
牛肉(脂身以外)、卵、にんにく、アボカド等

 
0725-92-6922